www.ytocreau.com

食費などの接待交際費の節税

確定申告の時に、結構の所得税と住民税が徴収されますが、ほとんどの人はあまり節税をせずに申告をしてしまいます。節税の一番簡単なものは接待交際費です。実際に、周りの友人などに食事の会計の時に領収書をもらっている人が少しはいると思います。そのほとんどは、会社の経費であったり、または接待交際費として節税をするためです。もっと調べたい方はこちら節税 税理士を参考にしてください。

 

では、どのような時に接待交際費としていいのかというと、もし、自分が個人で何か事業をやっている場合は、今、仕事の関係のある人とご飯や飲みに行った際に、仕事のお話をする場合があると思います。そして、このご飯やお酒が次のお仕事につながったりする場合、これは立派に接待交際費として自分の所得からひく事ができます。詳しい情報は会社経営 税理士です。
これは食事の席だけでなく、カフェなどで仕事のお話をした場合はこの空間があったからこそ、仕事の話ができたからと考えられるため、立派な接待交際費です。これが節税 税理士←みてね。

 

このように、意外と仕事関係で飲食店を使用しているのに、領収書などを貰わないのはもったいないので、ぜひ一年間に換算するの結構な額になるので、すすんで節税してみてください。